投資図書館[Trading Library]

株式投資・デリバティブ取引・不動産投資を行う上で参考になった本を紹介するブログ。

トレーディングを学ぶためのオススメ本3選!

 今回は、トレーディングを実践するために、必ず読んでおきたい3冊の書籍を紹介します!

 

 この3冊を読むと、チャートの読み方だけでなく、トレーダーに必要なモノの考え方、トレーディングを実践するための筋道をつけることが出来ます!

 

 「FX、ビットコイン、アルトコインで稼ぎたい!」
 「投資をやり始めたが、中々利益が出ない…」

 

 という方にとって、この3冊はトレーディングという荒波を渡り歩くための航海地図になり得ます!

 

 

オススメ書籍はコチラ

 

デイトレード
デイトレード

デイトレード

 

 ・短期間で利益を上げすぎた時や、損失を出した時の心構え、損切の重要性など、初心者から熟練のトレーダーに成長するためのヒントが書いてあります。

 

先物市場のテクニカル分析
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

 

 ・チャートの分析の仕方、テクニカル指標の見方が網羅的に解説されている本です。非常に分かり易いです。

 

 

「高勝率トレード学のススメ」
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 ・トレーダーとしてのマインド、相場に勝つためのトレーディングプラン構築へのヒントについて言及されています。筆者の実体験に基づいた証言や、各章の最後に内容をまとめたToDoリストがあり、トレーダーとしてあるべき姿、行動をイメージしやすい本です。

 

 

 最初から、完璧にやるべきことをできる人はまずいません。

 

 ただ、自分が抱えている課題が何か理解し、解決法を明確にして毎日取り組まなければ前進できません。

 

 トレーディングはあくまでビジネスであり、利益が上がらなければ意味がありません。

 

 初心者の方のトレーディングにおける課題と解決策のヒントは間違いなくこの3冊の中にあります!

 

 

これら3冊は、少々値が張ります…

しかし、街の書店に売っている1000円台の本と比較するまでもなく費用対効果は抜群ですので、自分の手元に置き、何度も読み返してほしいです!

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

当書籍の書評も書いています。よろしければご覧ください。

 

【トレーディングのイ・ロ・ハ】はこの本から学べ! 「高勝率トレード学のススメ」

今回紹介するのは、この書籍です!
 

 

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 
 
 本書は、個人トレーダーが相場で生き残り、「トレードで稼ぐ」ために必要な要素筆者の体験を交えながら、「個人トレーダーがトレードで利益をあげるために必要な準備がとは何か?」が網羅されています!
 
 右も左もわからない初心者トレーダーは、本書を読みながら、自分のトレーディング中の行動やトレーディングプランの構築を行い、実践するだけで劇的にパフォーマンスが改善します!
 
 

こんな方にオススメ!

 
 ・未経験者
 ・デモトレード、実践で利益が出ていない初心者
 
 

本書概要

 
 本書は、
 
 「そもそも個人トレーダーは、金融機関等に在籍するプロトレーダーと比べると、資金・情報・手数料の面において、圧倒的に不利な状況に置かれている。」
 
 この事実を踏まえ、
 
 長期的に勝率の高いトレード戦略を練り、着実に実行する「高勝率なトレーディングスタイル」を構築することを提案しています!
 
 
 また、本書には、「高勝率トレーディング」を構築する上で重要となるすべての要素について言及されています。
 
 ・筆者が使用し、有効だと感じた指標の紹介
 ・トレーディングプランの構築ノウハウ
 ・トレーディングにおける金銭管理
 ・日常とトレーディングのあるべき関係性、メンタルを安定させるノウハウ
 
 
 本書を読み、筆者の実体験に基づくトレーディングの奥深さや、トレーディング改善によりパフォーマンスを劇的に改善してください! 

 

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 
 最後までお読みいただき、有難うございました。
 他の投資書籍の書評も書いております!よろしければご覧ください。
 

 

【初心者向け】「金持ち父さん」シリーズ ロバート・キヨサキさんおすすめ書籍3冊!

今回は、「金持ち父さんシリーズ」でお馴染み!ロバート・キヨサキさんが著した書籍を一部紹介します!

 

「あぁ。不動産で成功したノウハウが書いてある本でしょ?」

 

と思われている方も多いと思います。

(実際に不動産投資で成功されている方です!)

 

確かにそのことも書かれていますが、本当に大事なのはそこではありません!

 

 

学校では教えてくれない「お金とは何か?」が書いてある!

 

「金持ち父さんシリーズ」では、

 

「お金が入ってくる人とそうでない人の違いは何か?」

 が明らかになっており、

 

「お金が入ってくるようにする為に、何をどうすれば良いか?」

  がわかり、それを探すきっかけを与えてくれます。

 

 

「お金のことを学びたい!」
「投資って何?周りでやってる人もいないしよく分からない…」

 

という方に打ってつけです!

 

 

 

 オススメ書籍 

 

「金持ち父さん貧乏父さん」 
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 キヨサキ氏の父親(教師)と友人マイクの父親(実業家)を対比させながら、お金が集めるためのルール、必要な能力、実践するためのヒントが描かれています。

 

 

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」 

 

 E(雇用者)S(自営業)B(ビジネスオーナー)I(投資家)を枠組みとして比較し、それぞれに必要な性格、メリット・デメリットを学びながら、自分の道を探す本です。

 

 

「金持ち父さんの投資ガイド(入門編)」

  

 金持ち父さんが考える「投資力」とは何か?投資かの優劣を決める能力は何かが描かれています。

 

 

 

続きを読む

私が投資を始めたワケ

 

私は現在、株式投資デリバティブ取引を実践しています。

 

そもそも投資に興味を持ったきっかけ」と、「投資を続ける3つの理由」について記載します!

 

 

きっかけ:『金持ち父さん貧乏父さん』を読み、給与所得の限界を知る!

 

  

 この本に出会ったのは、高校生の時。父親が会社帰りに買ってきた事がきっかけで、読んで衝撃を受けました。

 

 「お金を稼ぐための手段は、給料を稼ぐことだけじゃないんだ!」
 「給与所得は必ずしも自分を豊かにしない!他の稼ぎ口が欲しい!」

 と強く感じたことを今でも思い出します。

 

 私の父は、「投資に関して興味はあるが、ほとんどやったことはない」という方でしたので、実家に投資関連書籍は大量にあり、それに関しては恵まれていたと思います。

 

 書籍を読むことを通じ投資の存在を知り、自分の欲しい情報を探し求めるるようになっていきました。

 

 

投資を続ける理由1:個人レベルでレバレッジを活用できる!

 

 皆さんレバレッジをご存じですか?

 

 レバレッジ英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。(Wikipediaレバレッジ」より引用)

 

 例えば、「コンビニで3時間アルバイトする」のと、「セミナーやヨガ教室を開き、30~40人を集め3時間レッスンする」のはどちらが利益が多いでしょうか?

 

 考えるまもなくセミナーやヨガ教室ですよね?

 「他人の資本を使って自己資本を増やす!」レバレッジを活用することは経済システムを使い倒す上で必要不可欠です!

 

 ただ、これを行うには少なくとも①専門分野の知識、②相手に伝えるティーチングスキル、欲を言えば③業界での知名度が必要で、先天的な才能や特殊スキルがない人は実践できません。
 
 それ抜きで個人レベルで使えるのが、投資なんです!

 株式投資信用取引デリバティブ取引(FX、先物取引等)、不動産投資はレバレッジを活用して取引を行い、億万長者が大量に誕生させています!

 

 一方で、資産のほとんどを失う(いわゆる『資産を溶かす』)人もいます。失っていい範囲で実践し、計画が立ったら本格的に勝負しましょう!

 

 

投資を続ける理由2:PDCAサイクル(計画→実践→反省→実践)を組み立て、毎日のように経験を積むことができる!

 

 

 PDCAサイクルPDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する[1]

 (Wĩkipedia『PDCAサイクル』より引用)

 

 全ての行動に共通しますが、投資において重要なことは、

 自分が取った行動と、読んだ本に書いてある「取るべき行動」 を比較し、「次同じケースで取るべき行動は何か?」を導出し実践する。
 投資を行う前に、プランを立て、実践し、ダメなところがあればそれを反省し次に備える。これを他人の仲介や組織の合意なしのスピード感で、レバレッジを活用して資産を増やすことができるのが投資の最大の魅力です!

 向いている人がやれば、企業より成長スピードが速いため、中小企業の売上よりも投資家の収入が高い、なんてことはザラにあります。

 

 

 

 

 

投資を続ける理由3:PDCAを積み重ね、優位性のある戦略を作ることができる!

 トレンドに関する書籍を読みながら実践を続けるうちに、3つのポイントを押さえる必要があることがわかってきました。

 「大きな値動きのあるポイント」
 「入口戦略(取引を始めるポイント)」
 「出口戦略(取引を終わらせるポイント)」
 この3つを網羅した戦略を練り、市場優位性を確認できれば、後は実践するのみです!
 

 このときに参考になった書籍
tradinglibrary.hatenablog.com

 

tradinglibrary.hatenablog.com

 

 

 

まとめ

 

「投資をするのは悪いこと」と言う、マイナスイメージを持っている人がいます。

 

 

でもそれ以上に、

「投資をすることで生活を豊かにしたい、人生を劇的に変えたい!」

「お金で困りたくない!」

「経済的安定が欲しい!」

「収入の間口を増やしたい!」

と少なからず思うなら、投資をするべきです!!

 

 そもそも「優位性のある戦略」を立て、それを日々マネジメントしつつ、進化させていくことは、事業だろうと投資だろうと関係ありません。
 さらに言うと、特殊スキルなしで個人レベルで意思決定が可能でレバレッジを活用し、稼ぐことができるのは現状、投資しかありません!!

 

 もちろんリスクはあるので、それを補う努力は間違いなく必要です!当ブログを読み実践することで、利益を生み出しましょう!

 

 最後までお読みいただき、有難うございました。  

 

【テクニカル投資のバイブル②】バーンスタインのデイトレード入門

今回紹介する本は、この本です! 

バーンスタインのデイトレード入門 (ウィザードブックシリーズ)

バーンスタインのデイトレード入門 (ウィザードブックシリーズ)

 

 

続きを読む

【バフェットから学ぶ①】バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

今回紹介する本は、この本です!

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

バフェット 伝説の投資教室 パートナーへの手紙が教える賢者の哲学

 

 

こんな方におススメ! 

続きを読む

【テクニカル分析のバイブル①】先物市場のテクニカル分析

今回紹介する本は、この本です!

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

 

 

続きを読む