My図書館[Reading Library]

自分が読んだ本(イノベーション、経営、投資、ITが中心)の書評、そこから導出される普遍的な考えを書いていきます。

日本が誇るクリエイティブの源泉『イノベーションデザイン 博報堂流 未来の事業の作り方』書評

日本が誇る広告企業、博報堂のイノベーティブな事業を

担当者へのインタビュー形式でまとめている

 『イノベーションデザイン 博報堂流 未来の事業の作り方』。

 

本書を読み、感銘を受けた点を掲載していきます!

イノベーションデザイン 博報堂流、未来の事業のつくり方

イノベーションデザイン 博報堂流、未来の事業のつくり方

 

 

1,「意識高い系」より「等身大の付き合い」

本書は、事業担当者へのインタビュー形式で、多くのケースを取り上げていますが、

事業計画やアイデアの源泉をどのように導出し実現させていくかを

具体的に持っていることが印象的でした。

 

その中で私が印象に残ったのは、アイデア創出に必要な要素は

起業志向などに代表される、意識を高く持つということではなく、

事業の根幹を担う対象者と等身大の付き合いをし、その中からニーズを感じていく

という理念でした。

 

「対象となる人々が何に喜び、何を課題と感じているのかを

日頃のオン・オフの付き合いから吸収することを重要視している」

(本文より抜粋)

 

事業の中身を構想する際に、

ユーザの行動をどう変えるかというデザインシンキングを働かせるために

人との付き合いは非常に有効な手段で、重要なリソースであると感じました。

 

2.イノベーション死の谷を越える方法

イノベーションが創られ、一般社会に浸透するまでに存在する

大きな障壁のことを、本書では「イノベーション死の谷」と表現しています!

インタビューに下記の内容が掲載されておりました。
 
『前提として、イノベーション実現における障壁は
「つくる」ところと「広げる」ところの2段階があると考えています。
 
「作るところは、極論をいうとアイデア勝負で突破できますが、
広げるところはなかなかそうはいかないですね。
資金、人材、市場環境など様々な要件が関与してきます。
 
条件としては、大きく言うと3つある。
1つは、ビジョナリーで強い、キレのあるアイデアが根幹にあること。
これは「つくる」段階で不可欠です。
 
2つ目が、お客様だけでなく、関わる周囲を巻き込む「夢を見せられる」こと。
たとえ話でよく挙がるのが「トムソーヤ理論」ですね。とソーヤが伯母に叱られて、
塀のペンキ塗りをさせられているときに、とても楽しそうにやっていたら仲間が自分もやりたいと集まり、果物やお菓子と引き換えにペンキを塗らせてあげていた、という。
「広げる」段階はビジョンだけでは超えられないですからね。
想定外のことや雑用も多いから、それも含めて楽しめて、周りに楽しそうに思わせることが意外と重要なのはよくわかります。
それがないと、先に進めないですよね。…』
 
※本書より抜粋

 

3つ目の条件や、事業創発フレームワークが数多く掲載されている

イノベーションデザイン 博報堂流 未来の事業の作り方』。

 

新しいアイデアの作り方や考え方を知りたい方は一読をお勧めします!

 

イノベーションデザイン 博報堂流、未来の事業のつくり方

イノベーションデザイン 博報堂流、未来の事業のつくり方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Appleの哲学がここに...『Think Simple』 書評

 

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

 

 

本書では、Appleの理念をSimpleという切り口でまとめており、
企業のあらゆるコンテンツを複雑化、効率化しないことで
より良い経営に繋がっている様を記述しています。
 
印象に残った内容を紹介していきます!
 

会議のsimple化

 
本書ではIT大企業とAppleの違いについて、
会議に参加する人数を例に出し論じています。
 
・会議にはプロジェクトや議題を進捗させるために
最低限必要な人数(かつとびきり優秀な人材)が参加していればよく、
そうでない人間は絶対に同席させない。
 
・会議内容は事実と意見を列挙し、シンプルに進めていくべき。
 
・CEOがプロジェクトの全会議に出席し、
会議結果にブラフがかからない状況を作り出すことが、
良いプロダクトを生むことに繋がる。
 
まず、本書では上記を複数の例を用い、
ふんだんにに語られているのが印象的でした。
 
上記にそぐわない状況が起こったときに、
ジョブズが参加者を直接退出させるエピソードも記載されており、
ノイズを極限まで捨て去り、会議に集中するスタイルがそこにあると感じました。
 
会議のなかで、議論すべき内容を明確にした上で
必要な情報を元に良い広告やプロダクトを作れるかが勝負の世界で、
ビジネスパーソンとして求められるクオリティの高さや、
その場の空気の張り詰める感覚、臨場感が文面から伝わってくる内容となっております。
 
 

プロダクト数のSimple化

 
Appleの特徴の1つとして、製品の種類の少なさが挙げられます。
 
例えば、PCは消費者向けとプロ向けを合計して4種類のみ。
 
ユーザが求める用途を徹底的に分析し、
ニーズを満たす最高の製品のみをラインナップする。
 
製品の用途が重複しないシンプルさ、分かりやすさが、
結果として多くのユーザに受け入れられている。
 
 

製品名称のSimple化

 
他のPC関連会社のようにブランドをむやみに作らないだけでなく、
バイス後との名称も統一感を出すことでユーザに親近感を持たせている。
 
 
ロゴの規則性があり、
そこから生まれる安心感や最高のクオリティが
ユーザの心をガッチリつかむ。
 

 

最後に・・・

一番印象に残ったのは、プロダクトに求める基準について。
 
既存の製品の10倍良いものを作るという哲学があり、
最高のデバイスのみを作るために持つべき視点は
とてつもなく高いと感じました。
(例えばIPhoneBlackBerryを10倍進化させたデバイスという位置付け。)
 
全世界に定着したAppleの企業理念、
プロジェクトを進めていく上で大事にしている哲学を学びたい方は必読です!
 
最後までお読みいただきありがとうございました!
 

 

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学

 

 

How Google Works 書評

 

 How Google Worksを読み、

 
ビジネスパーソンとして、また将来的な起業を志している私にとって
斬新な考え、コンセプトが書かれておりました!
 
ビジネスパーソンとして自身に足りない部分は何か?」
「優秀な社員がある丸プラットフォーム作りには何が必要か?」
「働き甲斐を感じる職場のルールとはどのようなものか?」
 
がシンプルにまとめられており、
興味のある方は是非一読をオススメいたします!
 
今回は内容を2点抜粋します!
 

「スマートクリエイティブパーソンを惹きつけるプラットフォームを作る」というコンセプト
 
本書では、「ものを考えることを生業とする人々」
として称される「ナレッジワーカー」の中でも、
職務や組織構造に束縛されることはなく、むしろ自分のアイデアを実行に移すよう奨励され、
専門性とビジネススキルと想像力を併せ持つ、
「スマートクリエイティブ」と呼ぶ概念の人々を重要視しています。
 
以下抜粋
「こんにち成功している企業の際立った特色は、最高のプロダクトを生み出し続ける能力だ。
それを手に入れる唯一の道は、スマートクリエイティブを惹きつけ、彼らがとてつもない偉業を成し遂げられるような環境を作り出すことだ。
 
スマートクリエイティブは、自分の商売道具を使いこなすための高度な専門知識を持っており、経験値も高い。
わたしたちの業界ではコンピュータ科学者か、少なくとも日々コンピューターの画面上で起きている魔法の背後にあるシステムの理論や構造を理解している人材ということになる。
実行力に優れ、単にコンセプトを考えるだけでなく、プロトタイプを作る人間だ。」
 
本書ではスマートクリエイティブに居心地の良い環境を整備することが、
最高のプロダクトを作る上での戦略と記述されており、
このコンセプトを実現させるための人的リソースの確保や
適切なコミュニケーションノウハウ、
独自の経営哲学についてふんだんに記載されています!
 

事業にかけるリソースの黄金律「70対20対10のルール」
 
Googleはプロジェクト全体の割合を以下のようにデザインしているようです!
 
以下抜粋
『プロジェクトのほぼ70%はコアビジネスである検索と検索連動広告に関連するもので、
約20%が成功の兆しの見え始めた成長プロダクト、残りの約10%が失敗のリスクは高いが、
成功すれば大きなリターンが見込める全く新しい取り組みだった。
 
それをたたき台に長い議論を重ねた結果、「70対20対10」をリソース配分のルールにするという結論に達した。
リソースの70%をコアビジネスに、20%を成長プロダクトに、10%を新規プロジェクトに充てるのである。
 
このルールによって、常にコアビジネスにリソースの大部分を割り当て、有望な成長プロダクトにも投資する一方、
とんでもないアイデアにもいくばくかのサポートが確保され、予算削減のリスクから保護されるようになった。
10%というのは大したリソースではなく、それも好ましい点だ。』
 
新事業に対しコストの制約がない場合、
無駄なテストをすることが増えたり、
プロジェクトを無理矢理成立させるために正常な意思決定が妨げられる事が考えられますし、
また、事業が失敗した場合にそれを認めたり、後戻りすることが難しくなることを予見し、あらかじめ厳格なルールを決定した上で行動に自由を持たせているようです。
 
また制約が存在すること自体が、
試行錯誤が好きなエンジニア側の心に火をつける側面もあり
経営としてメリットしかない考え方であることに感銘を受けました。
 

 

 

興味のある方は是非一読をオススメいたします!
 
本文を最後までお読みいただき、ありがとうございました!

トレーディングを学ぶためのオススメ本3選!

 今回は、トレーディングを実践するために、必ず読んでおきたい3冊の書籍を紹介します!

 

 この3冊を読むと、チャートの読み方だけでなく、トレーダーに必要なモノの考え方、トレーディングを実践するための筋道をつけることが出来ます!

 

 「FX、ビットコイン、アルトコインで稼ぎたい!」
 「投資をやり始めたが、中々利益が出ない…」

 

 という方にとって、この3冊はトレーディングという荒波を渡り歩くための航海地図になり得ます!

 

 

オススメ書籍はコチラ

 

デイトレード
デイトレード

デイトレード

 

 ・短期間で利益を上げすぎた時や、損失を出した時の心構え、損切の重要性など、初心者から熟練のトレーダーに成長するためのヒントが書いてあります。

 

先物市場のテクニカル分析
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

 

 ・チャートの分析の仕方、テクニカル指標の見方が網羅的に解説されている本です。非常に分かり易いです。

 

 

「高勝率トレード学のススメ」
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 ・トレーダーとしてのマインド、相場に勝つためのトレーディングプラン構築へのヒントについて言及されています。筆者の実体験に基づいた証言や、各章の最後に内容をまとめたToDoリストがあり、トレーダーとしてあるべき姿、行動をイメージしやすい本です。

 

 

 最初から、完璧にやるべきことをできる人はまずいません。

 

 ただ、自分が抱えている課題が何か理解し、解決法を明確にして毎日取り組まなければ前進できません。

 

 トレーディングはあくまでビジネスであり、利益が上がらなければ意味がありません。

 

 初心者の方のトレーディングにおける課題と解決策のヒントは間違いなくこの3冊の中にあります!

 

 

これら3冊は、少々値が張ります…

しかし、街の書店に売っている1000円台の本と比較するまでもなく費用対効果は抜群ですので、自分の手元に置き、何度も読み返してほしいです!

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

当書籍の書評も書いています。よろしければご覧ください。

 

【トレーディングのイ・ロ・ハ】はこの本から学べ! 「高勝率トレード学のススメ」

今回紹介するのは、この書籍です!
 

 

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 
 
 本書は、個人トレーダーが相場で生き残り、「トレードで稼ぐ」ために必要な要素筆者の体験を交えながら、「個人トレーダーがトレードで利益をあげるために必要な準備がとは何か?」が網羅されています!
 
 右も左もわからない初心者トレーダーは、本書を読みながら、自分のトレーディング中の行動やトレーディングプランの構築を行い、実践するだけで劇的にパフォーマンスが改善します!
 
 

こんな方にオススメ!

 
 ・未経験者
 ・デモトレード、実践で利益が出ていない初心者
 
 

本書概要

 
 本書は、
 
 「そもそも個人トレーダーは、金融機関等に在籍するプロトレーダーと比べると、資金・情報・手数料の面において、圧倒的に不利な状況に置かれている。」
 
 この事実を踏まえ、
 
 長期的に勝率の高いトレード戦略を練り、着実に実行する「高勝率なトレーディングスタイル」を構築することを提案しています!
 
 
 また、本書には、「高勝率トレーディング」を構築する上で重要となるすべての要素について言及されています。
 
 ・筆者が使用し、有効だと感じた指標の紹介
 ・トレーディングプランの構築ノウハウ
 ・トレーディングにおける金銭管理
 ・日常とトレーディングのあるべき関係性、メンタルを安定させるノウハウ
 
 
 本書を読み、筆者の実体験に基づくトレーディングの奥深さや、トレーディング改善によりパフォーマンスを劇的に改善してください! 

 

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

  • 作者: マーセル・リンク,長尾慎太郎,山下恵美子
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2006/09/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 
 最後までお読みいただき、有難うございました。
 他の投資書籍の書評も書いております!よろしければご覧ください。
 

 

【初心者向け】「金持ち父さん」シリーズ ロバート・キヨサキさんおすすめ書籍3冊!

今回は、「金持ち父さんシリーズ」でお馴染み!ロバート・キヨサキさんが著した書籍を一部紹介します!

 

「あぁ。不動産で成功したノウハウが書いてある本でしょ?」

 

と思われている方も多いと思います。

(実際に不動産投資で成功されている方です!)

 

確かにそのことも書かれていますが、本当に大事なのはそこではありません!

 

 

学校では教えてくれない「お金とは何か?」が書いてある!

 

「金持ち父さんシリーズ」では、

 

「お金が入ってくる人とそうでない人の違いは何か?」

 が明らかになっており、

 

「お金が入ってくるようにする為に、何をどうすれば良いか?」

  がわかり、それを探すきっかけを与えてくれます。

 

 

「お金のことを学びたい!」
「投資って何?周りでやってる人もいないしよく分からない…」

 

という方に打ってつけです!

 

 

 

 オススメ書籍 

 

「金持ち父さん貧乏父さん」 
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 キヨサキ氏の父親(教師)と友人マイクの父親(実業家)を対比させながら、お金が集めるためのルール、必要な能力、実践するためのヒントが描かれています。

 

 

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」 

 

 E(雇用者)S(自営業)B(ビジネスオーナー)I(投資家)を枠組みとして比較し、それぞれに必要な性格、メリット・デメリットを学びながら、自分の道を探す本です。

 

 

「金持ち父さんの投資ガイド(入門編)」

  

 金持ち父さんが考える「投資力」とは何か?投資かの優劣を決める能力は何かが描かれています。

 

 

 

続きを読む

私が投資を始めたワケ

 

私は現在、株式投資デリバティブ取引を実践しています。

 

そもそも投資に興味を持ったきっかけ」と、「投資を続ける3つの理由」について記載します!

 

 

きっかけ:『金持ち父さん貧乏父さん』を読み、給与所得の限界を知る!

 

  

 この本に出会ったのは、高校生の時。父親が会社帰りに買ってきた事がきっかけで、読んで衝撃を受けました。

 

 「お金を稼ぐための手段は、給料を稼ぐことだけじゃないんだ!」
 「給与所得は必ずしも自分を豊かにしない!他の稼ぎ口が欲しい!」

 と強く感じたことを今でも思い出します。

 

 私の父は、「投資に関して興味はあるが、ほとんどやったことはない」という方でしたので、実家に投資関連書籍は大量にあり、それに関しては恵まれていたと思います。

 

 書籍を読むことを通じ投資の存在を知り、自分の欲しい情報を探し求めるるようになっていきました。

 

 

投資を続ける理由1:個人レベルでレバレッジを活用できる!

 

 皆さんレバレッジをご存じですか?

 

 レバレッジ英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。(Wikipediaレバレッジ」より引用)

 

 例えば、「コンビニで3時間アルバイトする」のと、「セミナーやヨガ教室を開き、30~40人を集め3時間レッスンする」のはどちらが利益が多いでしょうか?

 

 考えるまもなくセミナーやヨガ教室ですよね?

 「他人の資本を使って自己資本を増やす!」レバレッジを活用することは経済システムを使い倒す上で必要不可欠です!

 

 ただ、これを行うには少なくとも①専門分野の知識、②相手に伝えるティーチングスキル、欲を言えば③業界での知名度が必要で、先天的な才能や特殊スキルがない人は実践できません。
 
 それ抜きで個人レベルで使えるのが、投資なんです!

 株式投資信用取引デリバティブ取引(FX、先物取引等)、不動産投資はレバレッジを活用して取引を行い、億万長者が大量に誕生させています!

 

 一方で、資産のほとんどを失う(いわゆる『資産を溶かす』)人もいます。失っていい範囲で実践し、計画が立ったら本格的に勝負しましょう!

 

 

投資を続ける理由2:PDCAサイクル(計画→実践→反省→実践)を組み立て、毎日のように経験を積むことができる!

 

 

 PDCAサイクルPDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、事業活動における生産管理品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する[1]

 (Wĩkipedia『PDCAサイクル』より引用)

 

 全ての行動に共通しますが、投資において重要なことは、

 自分が取った行動と、読んだ本に書いてある「取るべき行動」 を比較し、「次同じケースで取るべき行動は何か?」を導出し実践する。
 投資を行う前に、プランを立て、実践し、ダメなところがあればそれを反省し次に備える。これを他人の仲介や組織の合意なしのスピード感で、レバレッジを活用して資産を増やすことができるのが投資の最大の魅力です!

 向いている人がやれば、企業より成長スピードが速いため、中小企業の売上よりも投資家の収入が高い、なんてことはザラにあります。

 

 

 

 

 

投資を続ける理由3:PDCAを積み重ね、優位性のある戦略を作ることができる!

 トレンドに関する書籍を読みながら実践を続けるうちに、3つのポイントを押さえる必要があることがわかってきました。

 「大きな値動きのあるポイント」
 「入口戦略(取引を始めるポイント)」
 「出口戦略(取引を終わらせるポイント)」
 この3つを網羅した戦略を練り、市場優位性を確認できれば、後は実践するのみです!
 

 このときに参考になった書籍
tradinglibrary.hatenablog.com

 

tradinglibrary.hatenablog.com

 

 

 

まとめ

 

「投資をするのは悪いこと」と言う、マイナスイメージを持っている人がいます。

 

 

でもそれ以上に、

「投資をすることで生活を豊かにしたい、人生を劇的に変えたい!」

「お金で困りたくない!」

「経済的安定が欲しい!」

「収入の間口を増やしたい!」

と少なからず思うなら、投資をするべきです!!

 

 そもそも「優位性のある戦略」を立て、それを日々マネジメントしつつ、進化させていくことは、事業だろうと投資だろうと関係ありません。
 さらに言うと、特殊スキルなしで個人レベルで意思決定が可能でレバレッジを活用し、稼ぐことができるのは現状、投資しかありません!!

 

 もちろんリスクはあるので、それを補う努力は間違いなく必要です!当ブログを読み実践することで、利益を生み出しましょう!

 

 最後までお読みいただき、有難うございました。