投資図書館[Trading Library]

株式投資・デリバティブ取引・不動産投資を行う上で参考になった本を紹介するブログ。

【資産形成マインド入門】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 今回紹介するのは、この本です!
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 

 

 こんな方におススメ!

 「経営者や自営業、サラリーマンの違いを知り、自分に何が向いているのか知りたい!」

「お金を使って、お金を生むとは何か知りたい!!」

 

 本書を推す理由

 

 理由その1:4つのクワドラントに属する人の価値観の違い、メリット、デメリットを理解できる!

  本書は、収入体系を4つのクワドラント(円を4等分したもの)に分類・整理し、それぞれの価値観や性格、享受するメリット、デメリットについて記載されています。

 

 各クワドラントは以下の4つ。

  E(employee)…従業員

  S(self-employed)…自営業者

  B(business-owner)…経営者

  I(invester)…投資家

 

 著者は「人は、必ずこの4つのクワドラントから収入を得ている。」と説いています。

 

  本書には各クワドラントに属する人の価値観(何に恐怖し、何を大事にするか)が明確に記載されており、自分はどれに属するべきか、どこに向かうべきかを判断することが出来ます。

 

 理由その2:「自分の道」を見つけるための本だから。

  「本書、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』は自分の道を見つけることについてかかれている。その意味でとても大事な本だと言える。(中略)大抵の人は人生の早い時期に「学校に通って、仕事に就け」と教え込まれる。 」

本書10ページより引用

 

  「起業、投資を始めるリスクを取らずに、サラリーマンとして一生企業に尽くす」

 

   これはもの凄い大変なことです。

 

   どの道を選ぶのもあなた次第ですし、どのクワドラントでも方法次第で結果は必ず出ます!

 

   ただ、道を選ぶためには判断基準が必要です。

 

   それは、『クワドラント毎のメリットデメリットと、「自分にとって大事なもの」や「自分の強みをいかせる環境」を照らし合わせる事』だと思っています。

 

   「親がサラリーマンだし…」とか「有名大学卒じゃないし…」などと自分の回りの環境だけでで物事を判断するは辞めましょう!

 

   情報を集め、自分の信じる道で大量行動してみる!

 

   その道が自分に合っていれば、自ずと次の行動に移れると思います。本書を手に取り、自分の道、新たな可能性を見つけてみましょう!

 

 まとめ

 この本を読んだのは大学卒業後、働き始めてからでした。

 

本当に目からウロコだったと同時に、「もっと早く読みたかった!」と強く感じた本でした。

 

私の父は公務員で、母は専業主婦。親戚も公務員や農家という家に育ち、経済と全く縁遠い環境で育ちました。

 

子供の頃は、「将来は自分も公務員になる」と親に半ば洗脳に近い形で道を決めさせられていた気がしています。

 

だからこそ、是非子供(特に中高生)に読んでもらいたい!

(読んでない人はできるだけ早く!)

 

「お金」、「投資」の勉強を通じて本書にかいてあるようなクワドラント毎の違いを理解し、アルバイト・インターンシップや起業等自らのアクションを通して、クワドラント・業種を絞っても良いのではないでしょうか?

 

学生時代から回りの環境だけに人生を勝手に規定される必要なんて全くない!と強く主張します!自分にとって何が楽しくて、何に向いているかなんて誰もわからないのですから…

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
宜しければ、下記リンクより購入の検討を宜しくお願いします!!
金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント